◎NEWS◎

作品募集終了!!

作品の募集は8/1に終了いたしました

たくさんのご応募ありがとうございました!!

選考の結果発表をいましばらくお待ち下さい!!!

-リンク-

-協力-

前年度作品

『オルタナ ドラゴン』

監督:和田 武士

2010年/ビデオ/40分/日本

 出張風俗嬢が客を殺してしまい、その店の青年と逃げるところから、不思議なストーリーが展開。「どこまでが本当?」とでも言うように、破天荒なスタイルムービーは、やがて映画の形態をも、解体していく。

 

『Samurai Umpires in the USA』

 監督:田中 隆行

2009年 / ビデオ / 77分 / アメリカ

 アメリカ・マイナーリーグで、大リーグの審判を目指す6人の日本人審判。彼らはサムライアンパイヤーズと呼ばれる。彼らの中には、日本のプロ野球をやめてまで、アメリカに夢を求める者もいる。彼らの過酷ともいえる現場を、丹念に追いかけたドキュメンタリー作品。

 

『APE エイプ』

監督:西中 拓史

2009年 / 16mm / 62分 / 日本

 片思いの女子高生を殺害し、自ら命を絶った男子高校生。その事件が何故か心に引っかかり、それを卒論にしようと調査を始める大学生。事件が残した心の傷の癒えぬ人々への取材は、彼にどのような影響を与えるのか。

 

 

『天球のおんがく』

監督:吐山 由美

2009年 / ビデオ / 31分 / 日本

 天使の衣装で唄うチル。その歌声が高校生たちを屋上からダイブさせるのか?それは絶望なのか、あるいはもう一つの世界で生きようとする行為なのか?
不可思議な映画的世界観がただよう作品。

『RIRIKA』

監督:明石 有加

2010年 / ビデオ / 40分 / 日本

 「生きることは死ぬことの準備」とあっけなく語るRIRIKA。お人形のようなRIRIKAは暗殺者でもある。人殺し=大切なものを守ること・・・そんな危険な世界から抜け出せるのか?ロックと8mm映画、暴力とおしゃれが交錯するRIRIKAの時間は終わらない。

『妙子まで八メートル』

監督:山本 聖

2009年 / ビデオ / 20分 / 日本

 妻を失った父を、やさしく見守る娘。母の残してくれた日記を頼りに亡き妻のように父を気遣う。しかし、時が経ても、なお妻を失った悲しみを深めていく父。表題の「妙子まで八メートル」は何を語るのか・・・

『モノクロームで鮮やかに』

監督:川本 紘生

2010年 / ビデオ / 27分 / 日本

 初めてピアスをあけた、目立たない女子高生と、就職活動に疲弊している大学生がコインランドリーで出会う。そして「ただの(無料の)」援助交際が始まる。行くあてもない彼らが進んで行く先には・・・・。

『パラレル』

監督:渡邉 光里

2009年 / ビデオ / 30分 / 日本

 本気か?気休めか?書き続けた山のような遺書を持って小さな旅に出た女。そんな彼女の荷物を盗んでしまった高校生。そんな二人が過ごす、日常より、ほんの少しだけ濃密な時間。日本映画テレビ技術協会そつせい祭技術奨励賞受賞作品。

『キノウのアシタ』

監督:中村 藍

2010年 / ビデオ / 52分 / 日本

 同棲する二人。偶然、それぞれが同じ心療内科に通っている。女は少女期に受けた心の傷を飼いならしているが、男は何に傷ついているのか。互いに気遣いながらも、次第に離れていかざるをえない二人。